急いでいても闇金(ヤミ金)や悪徳業者には注意! 即日キャッシングの利用方法

即日キャッシング,消費者金融

お金を借りたい時は即日って状況が多いと思います。

 

ただ人間急いでいると、普段なら大丈夫な単純なことでも冷静な判断が欠如して、判断ミスが増えるものです。

 

改正賃金業法で闇金(ヤミ金)サラ金と言った悪徳業者は、かなり減っているのは事実です。
しかし悪徳業者はまだまだ存在しているのも現実です。

 

「目先だけ何とかなればよいや」と軽い気持ちで名前も聞いたことの無い会社からお金を借りて返済する時にもっと大変な目に合っている方も多いです。

 

誰しも、闇金(ヤミ金)とわかっていたら借りる事は無かったでしょう。

闇金業者「私は闇金業者です」なんて言うことはありません。
逆に「ブラックでもOK!」「だれでも無審査で貸し出し可能!」と即日にお金を借りたい方に「甘い罠」を仕掛けて来ます。

 

「ブラックでもOK」「だれでも無審査」なんて言葉自体が既に契約違反であり「違法」ですので注意しましょう。

 

闇金(ヤミ金)や街金と言った悪徳業者に引っかからない為にまず簡単に行える確認方法を紹介させて頂きます。

名前を聞いた事があるキャッシング業者から借入を行う!

まずこれが鉄則です!
自分が知らないだけの事もあると思いますので、そういう時はまずネットで調べましょう!

まずは借りようとしているキャシング会社のHPの確認をしてください。

次に借りようとしているキャッシング会社の評判を数パターン検索してみれば様子はわかります。

 

良い、悪い記事は抜きにして、ネットに情報が出てこない会社は間違いなく闇金業者でしょう。
ただネットの評判は審査で落ちた方が腹いせに悪口を書いていたりしますので参考程度が良いです。

 

闇金業者も進化していますので、最近では「紹介屋」「090金融」などが登場したり、
「ソフト闇金」って言われるような表面上の対応は会社まで登場しています。

 

闇金(ヤミ金)に引っかからないもっと確実な方法

◆金融庁の登録サービスで賃金業の登録情報確認を行う。

 

代表的なのは下記の2つです。

 

 

調べ方は簡単なのですが、少し注意が必要です。

 

登録貸金業者情報検索サービス「商号・名称」の欄に
「プロミス」と入力しても検索結果にプロミスは出てきません。
逆にプロミスの名前を使った業者が出てきたりします。

 

プロミスが金融庁に届けを出してない訳は無く、
プロミスは「商号・名称」として『SMBCコンシューマーファイナンス株式会社』
として申請されています。

 

『SMBCコンシューマーファイナンス株式会社』と「商号・名称」の欄に入力するとしっかり登場します。
他にはHPなどで「登録番号」がわかっていれば「登録番号」で検索したほうが確実です。

 

正規のキャッシング業者であれば②日本貸金業協会の協会員であるのが殆どであり
「協会員検索」で検索されます。

 

検索された結果(登録番号・住所・電話番号)などが、HPやパンフレットと同じであれば信頼度は上がります。

 

ただこの2つの検索サービスも信頼し過ぎることはしないで下さい。

 

一つは金融庁に登録済みと言う肩書きだけ取得しキャッシングの内容は「闇金」であったり、
有名なキャッシング会社のブランド名と似た商号・名称で運営しているキャッシング会社も怪しいです。

 

あと検索結果の更新日時が古い時は、現在は経営状況は不明ですので注意が必要です。

 

結局、急いでいる時こそ冷静にならないと、後でもっと大変な事になりますので注意願います。

 

●登録貸金業者情報検索サービス(金融庁)

金融庁が主管しているサービス。

 

貸金業を行う場合には必ず登録を受けなければなく「登録貸金業者情報検索サービス」で確認可能。

 

ただ最新情報は、財務局又は都道府県へ確認するのが確実です。

 

●日本貸金業協会・協会員検索(にほんかしきんぎょうきょうかい)

「日本貸金業協会」は2008年12月19日に施行された改正貸金業法で

 

内閣総理大臣の認可を受けて新たに設立されました。

 

それまであった全国の各都道府県の「貸金業協会」は解散し当初は日本貸金業協会の支部となった。

 

「日本貸金業協会」の主な目的は指導・監督・監査権限の強化や監督に

 

従わなかった場合の罰則強化がなされた。

 

▼すぐに現金が必要な方におすすめしたい金融会社▼

>>即日審査可能な消費者金融はコチラから<<

TOPへ